★ 平成22年の記録 (2010年)

平成22年の記録 (2010年)

中日劇場 新春公演
 初座長 水森かおり『初夢 恋どろぼう』
 1月2日(土)〜 1月26日(火)

久し振りの現代劇の芝居でしたが、知っている共演の方も多く、アッという間のひと月でした。それに芝居とは言え、座長かおりさんの手を毎日握れて幸せでした。


 水森さんを囲んで打ち上げパーティ

 序幕前 舞台で

■ 芝居語り

 3月28日(日) 『草原の中の桜の木』 西木鶏助   麹町三番町 ローダム
 4月10日(土)11日(日) 『おもかげ抄』 山本周五郎   椎名町 由遊庵
 5月27日(木)『おもかげ抄』 山本周五郎   青森 あずまたくみの店
 8月6日(金)『明日への灯火』 藤沢周平   津軽図書館協議会研修会
                         平川市文化センター中会議室
 10月13日(水)『おもかげ抄』 山本周五郎   五所川原津軽富士見ランドホテル

■ ラジオ
 エフエム青森 東北新幹線全線開業記念ドラマ
『いつか実る』─ 木村秋則 自然栽培を貫く ─

ナレーションと木村さん、それにリンゴの木の三役を使い分けての一人語りのドラマでしたが、津軽弁には大苦戦 !!

■ 舞台
 NAKASAN ハートフルシアター
 山崎之也の世界 Vol.6
 11月19日(金) 20日(土)
  弘前中三 8F スペース・アストロ

『鉄道員(ぽっぽや)』 原作 浅田次郎

再演をとの声に乗せられての舞台。台本を練り直し一人芝居の場を増やして、主人公の哀しみ・寂しさをより鮮明に表現出来たようで涙した方が多く見受けられました。

座☆吉祥天女公演 客演
 12月4日(土)〜7日(火) 両国 シアターΧ

『あだこ』 原作 山本周五郎

小劇場での時代劇は一人芝居を除き20年振りでしたが、大劇場とは又違った難しさ、楽しさを実感しました。